ごあいさつ

日記

2021-06-29 17:43:00

心の健康を作るベースとは

こんばんは!

6月も残りあとわずかですね。

夏が好きな荒井です。

 

 

さて、本題です。

心が疲れた時、カウンセリングもいいのですが、

まずはたくさん睡眠をとってみてくださいね。

 

睡眠は心身にとって本当に大切だなあと思います。

当たり前だと思われるかも知れませんが、

こちらをご覧くださっている皆さんは、

頑張り屋さんで、いい人が多いので、

仕事や育児優先で睡眠を削って頑張っている方もいるはずです。

 

 

まずは睡眠をたっぷりとって、健康な心のベースを作ってから

悩みについて一緒に考えていきましょうね!

 

お問合わせ&ご予約はこちら

2021-06-24 12:00:00

「べき・ねば」が目的から遠ざける

こんにちは!

昨日は外より家にいるほうが寒かった〜。

みなさん、体調くずしていませんか?

 

さて、本題です。

自分の強い無自覚の「〜べき」「〜ねば」で相手に接することで、

本来の目的から離れてしまうこともあるということです。

 

最近の話ですが、、、、、

私の身近な人(Aさん)が、親しい友人のことを大変心配していると聞きました。

その友人は、少し前に、心療系の症状で医師から診断を受け、仕事を休んでいたそうです。(今は不明)

仕事を休んでいることを知られたくないみたいで、Aさんに本当のことを話してくれない、嘘をつくこともあるそうです。

 

Aさんは、友人のことが心配で近々会おうと連絡してみるそうです。

そして会った際には、友人には包み隠さずありのままを話して欲しいと思っているとのことです。

 

Aさんとその友人は、長い付き合いで、裏表なくやってきた関係なので、

友人が現状を隠すことへの、Aさんのわだかまりの気持ちも分からなくはないですが、

つらいその友人の助けになりたいというより、Aさんのエゴが強くなっていないでしょうか。

 

自分の「嘘をつくべきではない」「親友は包み隠さず伝えるべき」というジャッジを押し付けること、

または、友人をコントロールしたくなっていること、

それに、無自覚に気付かずに接することで、

友人を苦しめることになることもあるのでは、と思いました。

 

Aさんは、「話を聞いて友人の助けになりたい」と言っていて、元々は愛情があるがゆえに会おうとしているのだと思います。

ただ、それが自分の「べき」「ねば」が強くなりすぎると、元々の目的から離れてしまうことがこの件に限らずよくあることです。

 

ということで、今日の話は、

自分の強すぎる「べき」「ねば」が、元々の目的を見失わせることがあるということでした!

 

だれにでも「こうすべき」「こうせねば」はあるんですけどね。

強すぎると、自分も相手も苦しめてしまう原因になります。

 

 

今日は木曜日。

仕事をしていても1週間で一番疲れを感じる曜日かもしれませんね。

仕事を終えたらやりたい小さな楽しみはありますか?

 

お問合わせ&ご予約はこちらから

 

 

 

2021-06-23 16:29:00

ごねたくなるのは・・・・?

こんにちは!

いかがお過ごしですか〜?

私はけだるい・・・・・。

 

さて、本題へ。

皆さんの周りに、クレームというかもうごねているとしかいいようのないことを言ってくる人はいませんか?

一見筋が通っているように思えて、聞いていると通っていない・・・・・。

強烈な圧や言葉で主張してきます。

もしかしたら自分がやっているかも、って思った方もいるのかな。

 

これって、ごねられている側は誰でもいいんですよね。

その出来事が引き金にはなったのかも知れませんが、原因はごねている人の心の奥底にあります。

 

例えば

自分(ごねる人)がないがしろにされている感じがして悲しい。

自分(ごねる人)が大切にされていないようで悲しい。

 

他には、

ごねられる側の人のような立場に対して、

強い「こうあるべき」があるのかも知れません。

 

本人は無自覚ですし、

相手から主張を受け入れられないこともあるでしょうから、

余計にごねたくなるのではないでしょうか。

苦しいでしょうね。

 

その感情はどのようなことから生まれたのでしょうか。

もし、身近にそういう人がいて理解できない、心の仕組みを知りたいという方、

ぜひいらしてください。

オンラインですと、移動時間もいらず楽ですよ♪

 

お問合わせ&ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-06-21 16:19:00

クライアントさんから出る言葉は・・・・!?

こんにちは。

今日は夏至ですね♪

 

さて、こちらのカウンセリングを受けられた方から

カウンセリング中に時々出る言葉があります。

 

それは、

「そういう意味か!同じようなことが本に書かれていたんだけど、しっくりこなかったんです。」

という言葉です。

 

 

著者よって使っている言葉は違うのかも知れませんが、元々の知識は共通していることも多いので、

こちらのカウンセリングを受けていても、書籍と同じような言葉が出てくることがあるかと思います。

 

私も生きやすくなる方法など、カウンセリングを学ぶ前から心理系の書籍をたくさん読んできました。

はっ!と、大切なことを気づかせてもらったこともあります。

 

 

けれど、あなたの悩みにカスタマイズしたカウンセリングによって

それまでより明るい気持ち、楽な気持ちで進めることもあるようです。

 

 

一度受けてみませんか?

 

お問い合わせ&ご予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

2021-06-17 09:43:00

あなたには好きなことがありますか?

こんにちは!

 

あなたの好きなこと・ものってなんですか?

 

それが分からないからといって自分を責めるのはやめて欲しいです。。。。

たしかに、好きなことがあって熱中している姿は素敵だと思って羨ましいお気持ちはわかります!

 

見つけられない原因は人それぞれですが、

・本音を出さずに、自分の中で押し込めていませんか?

・お金がないから何もできないと諦めていませんか?

・考えているだけで行動しないでいませんか?

・好きなことをすることに、どこか罪悪感はありませんか?

 

こららに思い当たることがあるなあと思った方。

あなたが好きを見つけないままでいる、心の未消化なところに向き合ってみるといいのかも知れませんね。

1 2 3 4