ごあいさつ

プロフィール

心理カウンセラーのプロフィール

 こんにちは!プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 ・名前・・・・荒井 恵(42歳・女性)

・生まれ・・・・北海道室蘭市

・家族構成・・・・夫と私

 

【カウンセラーになった経緯】

幼い頃から敏感で生きづらさを感じていました。小学生の時は登校を渋って朝は毎日泣いて、登校できたと思ったら体調不良を訴えて早退するといったこともありました。

安心・安全を感じられない家庭で育ち、思春期になってからも人とどう関わってよいのかわからず、いつも居場所がないように感じていました。勉強や部活をどんなに頑張っても自己否定ばかりで、そんな苦しさをだれにも打ち明けられない日々を過ごしました。

 

そんな私にも教師になるという夢がありました。経済的な問題や親の教育方針などの困難さを乗り越え、なんとか大学進学することができ、卒業後は念願の公立学校教員になることができました。

夫から「四六時中仕事のことを考えているね。」と言われるほど、心も時間もワーカホリックな毎日を過ごしてきました。一方で、親御さんや生徒さんからは感謝の言葉をたくさんいただけて、それは本当に宝物のような経験をさせていただきました。

 

だ同時に、「子どもたちにいい授業・いい教育を」と考えるあまりに、どこまでやっても終わりのない仕事に焦りや不安でコップの水が溢れ出るような苦しさが常にありました。旅行に行っても苦しい、リラクゼーションのサービスを受けても焦りで癒されることがなく・・・・・。

 

そこへ、勤務先がとても恐怖を感じる職員への管理方針になり、これまでにも増して完璧に仕事をこなそうとする自分の心も体も限界に達してしまいました。そのせいもあってか、ひどい皮膚病や発熱、気管支系の病気、腰痛の悪化といった病気のオンパレードに。それでも這ってでも仕事に向かうことしかできませんでした。

そこで、カウンセリングに通い始めました。セッションではいつも涙を流し、苦しさのあまりに、喜びや楽しさを感じる自分の気持ちまでも麻痺していることが分かりました。

 

しばらく通っていたのですが、今度は「心理学を学んで仕事に活かせれば」と心理カウンセラー養成マスターコースに通い始めました。

私が通ったマスターコースでは、「まずは自分」とうことで、たくさんの時間をかけて、どうしてこれまで自分が辛い生き方をしてきたのかを棚卸しして向き合い、苦しみの原因を昇華していくことを徹底的に行ってきました。その中では、心理学的な知識を学びながら、自分の心の在り方を変えるための具体的な行動も実践しました。

もちろん、修了しても毎日学びを重ねているのですが、当カウンセリングに出会ったことで、180度これまでと価値観が変わって、とても明るい気持ちになり、自分の幸せを周りの人に左右されるのではなく、自分自身で創造していくことができるようになりました!

 

実はある時、自分のノイズだらけの心の癖が原因で、結婚もなかなかできずにいることに気付いたのです。そこで、心の在り方を変えることで35歳で結婚にたどり着くことができました。

 

これまで教員として子どもに関する保護者の方のお悩みを伺っていると、その困り感は子ども自身というより保護者自身の悩みが根本にあることを感じていました。

「子どもたちを笑顔にしていくには、大人がまず幸せでいることが大切!」と思い、ボランティアで心理カウンセリング活動開始。

そして、15年勤めた教員(小学校&中学校)を退職して、本格的にカウンセラー活動を開始しました。

 

カウンセラーの傍ら、民間企業等に勤めてきた多様な経験もありますので、公務員のことしかわからないのでは?と思われる方もご安心いただければと思います。

 

【得意】

否定せずジャッジせず話を聴き、その方に合わせた問いかけで、悩みの根本的な原因になっている無意識の気持ちに気付くアプローチをすること。

【願い】

苦しみや不安を感じてる方に、今後の生き方が変わる当カウンセリングを利用していただき、その後もずっと、自分の人生が周囲の人に左右されるのではなく、主導権を自分でもって幸せを感じながら生きていっていただければと思っています。

そして、たくさんの大人の方の心が満たされることで、未来に羽ばたくどの子供たちにも幸せになって欲しいと願っています!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!