ごあいさつ

Q&A

Q.カード払い希望です。支払いはどのような流れになりますか。

A.お申し出頂きましたら、メールアドレス宛てにこちらからPayPalの請求書をお送りいたします。

記載内容を確認の上、「請求書の表示および支払い」をクリック→

PayPalにログインまたはアカウントを開設するをクリックして、カード情報などの必要な情報を入力してお支払いください。

*カウンセリング料に手数料がプラスされた代金をご請求いたしますことをあらかじめご了承願います。

 

Q.相談内容が他の人に漏らされることはありませんか。

A.はい、守秘義務は守ります。姉妹や親子それぞれでカウンセリングを受けられる場合もありますが、

「お姉様はこう言っていましたよ。」などと些細なことも他言しませんのでご安心ください。

 

Q.病院に行こうかカウンセリングに行こうか迷っています。

A.病院での治療が必要だと感じられたのなら、病院に行き医師の指示に従ってください。

私も心療内科に通い投薬治療を受けたことがあります。有効でしたし、時間はかかりましたが通常の生活を送れるようになりました。

ただ、根本的な生きづらさは払拭されず、このカウンセリングに出会うまで様々な悩みを抱えながら過ごしていました。

ですから、迷われた時がカウンセリングで自分の問題と向き合うチャンスかも知れません。

あなたがカウンセリングを受けてみたいと感じたなら、受けてみることをおすすめいたします。

タイミングは人それぞれだと思いますので、ご自分で受けてみたいと思ったら試してみるのもいいのかも知れません。

 

Q.カウンセラーさんって、私と同じ経験をしていないから悩みなんてわかりませんよね?

A.はい、確かにあなたと同じ経験はしていないかもしれません。

逆に「あなたと同じ」とカウンセラーが自分のフィルターを通して話を聞いてしまうことの方が危険です。

カウンセラーは、あなたとは別の人間であることをわきまえた上で、あなたにとって何が問題なのかを様々な質問を通して客観的に分析してきます。

 

Q.悩みをうまく話せるか不安です。

A.大丈夫です。例え理路整然と話せなくてもあなたの言葉1つ1つが悩みを打開するためのヒントになります。

お話を聞いた後、必要があればカウンセラーが質問をして、話の整理していきますので安心してください。

 

Q.カウンセリングを受けても問題が解決しないことはありますか。

A.当カウンセラーは、誠心誠意カウンセリングをいたしますが、その場では解決しないこともあるかもしれません。

それは、カウンセリング終了後にあながた生活の場で得たことを実践していくうちに解決していくこともあるからです。

他には、問題の糸口が今までと違う考え方のため、受け入れるのに抵抗があったり時間がかかったりして、後になって腑に落ちることがあります。

 

Q.「私の悩みは他の人より重いんです。」

「私はカウンセリングに通うほどでもないのでは?こんな些細な悩みでもいいのでしょうか。」

A.重い悩みと思われることも些細と思われる悩みだとしても、カウンセリングを受けようかなと思ったら、あなたが悩みに向き合うことで幸せに近くチャンスだと思います。

些細と思われる悩みが案外根本的な悩みに繋がっていたりもします。

逆に、重い悩みと思われることも、カウンセリングを受けると、笑いに変わって気が楽になることもあるかも知れません。

いずれにせよ、あなたが悩みと感じたなら、あなたにとって今はそれが紛れもない悩みなのです。人と比べる必要はないと思います。

 

Q.何か売りつけられたりしませんか。

A.グッズを売ることはありませんのでご安心ください。

 

Q.悩みを相談したら、叱られたり呆れられたりしそうで怖いです。

A.叱ったり呆れたりすることはありません。

カウンセラーは「いい」「悪い」とジャッジすることが役割なのではありません。

その人にとって本当は何が問題になっているのか、どうすれば問題ではなくなるのかを見極めることが必要になります。

ですから、叱ることも呆れることもありません。

人の悩みは千差万別です。私自身たくさんの悩みを抱えて生きてきましたし、出来た人間でもありませんのでご安心ください。

 

Q.夫をどうにか変えたいです。夫を通わせたいです。

A.お気持ちはよくわかりますが、人を変えることはなかなかできません。

場合にもよりますが、実はそう思うあなた自身が自分の心を向き合う必要のあることが多いです。

あなたがカウンセリングを受けてみることをおすすめいたします。